今の医薬品を考える

医薬品のネット販売と評価

医薬品のネット販売では、多くのお方が利便性を評価する一方で、不安感を感じる評価も多いようですね。

まず、医薬品のネット販売において利便性とは、大半の人が入手に手間が掛からない事を挙げていたりします。

社会人は忙しい身ですので、休日では一日中家でゴロゴロしたいと願う人も少なくありませんし、もしくは休日も忙しくて医薬を購入する暇もない人が存在していますからね。

そのような層には医薬品は物凄く便利になるようです。

また、医薬品のネット販売では店舗販売とは違い、使用した体験者の声も聞いてから入手する事も可能でありそこを評価する人もいらっしゃるようです。

一方で医薬品に対する不安感というのは、顔の見えないネットですから粗悪品の販売、違法な入手先から仕入れられた医薬品の被害に合う可能性を不安視している部分があるようです。

その他だと、副作用などの影響や薬の組み合わせにより万が一が起こりそうという不安視、個人で正しい薬を選ぶ事の不安感があるようですね。

そして、医薬品販売自体が自分にとって必要か否かという質問では、4割が必要、残りの6割がメリットがある、デメリットを感じるというように割れているようです。

確かに、ネット販売は必要のない人には必要がないのは事実でしょう。

ただ、医薬品のネット販売は一部の人には必要とされるのも事実なようです。

今後の医薬品のネット販売がどのように普及していくのかはわかりませんが、必要な人もそうでない人でも、今よりずっと安心感を感じられるようなイメージを持たれるようになったらいいですよね!


 

男性よりも女性の方が多い!!

市販の医薬品の購入頻度のアンケートでは、男性よりも女性の方が購入する頻度が高めらしいです。

これは私の予想でありますが、女性が薬を必要とする容態である人が多いのではなく、家族の薬を購入するために女性が多い結果になると考えています。

主婦などでは食材の買出しのついでに購入するなど、薬局に足を運ぶ機会が沢山ありますからね。

一方、70歳以上になると男性の方が購入頻度が上回るようです。

70歳の年齢ならばもう定年も迎えていますので、購入する機会が沢山あるからだと思われます。

また、医薬品を購入する際に店舗に着くまでの距離に関しては、70パーセント近くが10分以内に店舗で薬を購入できてしまうようです。

また、薬を買う手段は薬局、ドラッグストアなどがありますが、ドラックストアでの購入が圧倒的に多く93.5パーセント(6614人)らしいです。

薬局や医療期間で入手する人は意外と少ないのは以外かもしれませんね。

上記のアンケート結果を考察してわかる通り、インターネットによる医薬販売は、まだまだ普及傾向にないようです。

とは言いましても法改正からまだそれほど時間が経過していませんので参考にならないかもしれませんけどね。

今後の医薬品を取り巻くインターネットの世界はどのように変化していくのかも今後気になります。