ネット販売のルールと今後

23品の医薬品を除き、医薬品のネット販売が解禁されましたが、賛否両論の意見の否定派のお方はネット販売の危険性をどのように捉えているのでしょうか?

私としてもネット販売のデメリットは存在していると感じますし、利便性を高めるために、そのデメリットをないがしろにしてはいけないと思います。

けれど、日本には離島に住んでいる人もいらっしゃいますし、入手できない医薬品が購入できる事で暮らしに安心を持てる人達も存在しております。

医薬品のネット販売において危険視されていのは、偽約流通の可能性だったりします。

ネット販売が解禁される処置が取られたのは、”一方的な販売者の有利を押し付けられた”という考えを持つ事もできます。

けれど、私が一番思う大切な事は、十分な法整備を固める事だと思うのです。

インターネットは薬に限らずに、犯罪者が横行している一面も少なからずありますし、便利ですが不正を行いやすい環境であります。

医薬品のネット販売の是非を唱える事も大切だとは思いますが、もっとルールに対しての議論が繰り広げられれば今よりずっと消費者は安心感を持って法改正を受け入れる事ができたのではないのか?と感じてしまいます。

否定派のお方が最も懸念しているのは、医薬品のネット販売を利用しての犯罪の被害に合ってしまう事だと思うのです。

改正された法律はそう簡単に変わることはありませんし、現状否定派の人も受け入れるしかないのが現実です。

けれど、今後の医薬品のネット販売がどのうように変わっていくのかをを知れば、少しずつその本質が見えてきますよね。